タイ観光旅行ガイドのTOPに戻る

タイ料理


最近は日本でもごく普通にタイ料理を食べれるようになってきましたね。



タイ料理というと「辛い!」と考える人が多いかもしれませんね。

タイ料理の基本は唐辛子ですから確かに辛い料理が多いのは事実です。

ゲーン・キャアウ・ワーンという料理があります。そのまま直訳すると「甘い緑色のスープ」です。ココナツミルクをベースにしたタイ式カレーです。これが・・・実はものすごく辛いのです(全然平気!という方もいらっしゃるかもしれませんが・・・)。


タイ料理のなかでもことに有名なのは、トムヤム・クンですね。トムヤムは、レモングラスというハーブの一種をベースにした、すっぱくて辛いタイ式スープ全般に用いられる名前です。トムは煮る、ヤムはサラダのように和えるということを意味します。
トムヤムは色々混ぜて煮たということです。これにそれぞれの材料の名前をつけて・・・クンはエビなので、エビの入ったすっぱくて辛いスープ「トムヤム・クン」です。



魚をメインにすれば「トムヤム・プラー」です。「プラー」とは魚です。

鶏肉をメインにすれば「トムヤム・ガイ」(ガイは鶏肉です)。


和え物のサラダ「ヤム」は、イカやエビなどの魚介類を和えたものや、牛肉を入れたもの(「ヤム・ウンセン」)など、さまざまです。

さっぱりしているけれども激辛!なのが、春雨サラダの「ヤム・ウンセン」です。
青いパパイヤを千切りにして和えた辛口サラダの「ソム・タム」は是非、試してみたい一品です。


タイはコショウが世界的に有名です。
バンコクでコショウを買うなら、タイラート(市場)でキロ単位で購入してみてはどうでしょう?ちょっと変わったお土産になります。

プリック・タイ・オーンは「生コショウ」です。
これをイノブタの肉「ムー・パー」と炒めた「ムー・パー・プリック・タイ・オーン」は、タイ料理の醍醐味を味わえる一品といわれます。

関連コンテンツ

タイの屋台料理

タイは日本と較べて物価が安いので、割と高級な素材でもカリテプリな感じです。 そのタイでも屋台はもっともカリテプリな感じです。 一皿20B程度のご飯が、タイの一般庶民の胃袋を支えているのです・・・


「タイ料理」のトップへ↑
「タイ観光旅行ガイド」のトップへ↑