タイ観光旅行ガイドのTOPに戻る
「タイ観光旅行ガイド」トップ >  旅行の注意点 > タイで病気になったら:海外旅行保険は必須です!!

タイで病気になったら:海外旅行保険は必須です!!


日本人のほとんどは、タイの熱帯性気候に慣れてないので、旅行中、自分でも気づかずに身体に相当な負担がかかっていることがあります。

旅の楽しさで疲れを忘れてますが、旅が終わってからどっと疲れがでてくるかもしれませんね。


いや、旅が終わって日本に戻ってから発病するなら良いですが、旅の途中に発病すると、言葉の問題もあり厄介ですね。


またタイの高温多湿の気候条件では、コレラ、マラリア、赤痢といった、伝染病になる可能性もあります。

出発前に予防接種を受けたり、医師に事前に相談して、抗生物質や化学療法剤などを入手しておくのも手です。



ところで旅行中に気をつけたいのは、日本人の旅行者がもっともなりやすいのが下痢です。

下痢になったら、まずは薬局で薬を購入しましょう。

薬局は、バンコク市内に数多くあります。

しかし、大型のデパートの薬コーナーであれば、通常、日本の正露丸が手に入ります。

しかし、買う手間を考えれば、
下痢薬くらいは持っていくべきですね。

薬を飲んでも治らないときは病院へ行きましょう。


そのタイの病院ですが、大きく分けて国立と私立の区別があります。

国立病院は、通常、かなり待たされます。

その上、予算不足で医師の数も、施設も十分ではないようです。

私立病院のほうがお薦めです。

私立病院の医療は、東南アジアではグンを抜いた水準なので、まず安心して大丈夫とのことです。


海外旅行保険に加入している人は、保険会社の緊急連絡先にまず電話しましょう。

保険会社によっては、アシスタント・サービスに連絡してもらえたり、提携病院を紹介してもらえたりします。


十分な補償のある海外旅行保険を選ぶのが大事ですね!!