タイ観光旅行ガイドのTOPに戻る
「タイ観光旅行ガイド」トップ >  バンコク > バンコクの気候・天気と服装

バンコクの気候・天気と服装


タイは、熱帯性気候です。

年間の平均気温が約28℃で1年を通して蒸し暑いです。

旅の服装としては、基本的に夏服です。

ただし、ホテルやレストランなどでは、冷房をガンガン入れていて、日本人の感覚では効きすぎていることが多いです。

外で熱帯の暑さを体感してからホテルやレストランに入ると、むしろ寒く感じることが多いくらいです。

ジャケットやカーディガンなど上に着れる長袖のものを持っていくと良いでしょう。


バンコクの気候とお勧めの服装

●11〜2月
乾期で湿度が低く、タイでもっともすごしやすい時期です。

●3〜5月
暑期で湿度も高い。例年、この時期には40℃を超える日もあります。
服装としては吸水性や通気性のいい夏用の服装がベスト。雨季も近づく5月中旬からは長時間雨が降り続くこともあります。



●6〜10月
雨期で毎日雲が空を覆います。雨は1時間ほど猛烈なスコールが降るだけの日もあれば、1日中降ったりやんだりを繰り返す事もあります。

雨具はこの時期必携です。

関連コンテンツ

バンコクの有名寺院:ワット・ポー

●ワット・ポー 「涅槃寺」とも呼ばれます。 全長46メートル、高さ15メートルもある寝釈迦仏(涅槃仏)を安置していることで有名です。 ちなみにワット・ポーの本堂の東側にマッサ・・・

バンコクの有名寺院:ワット・アルンと行き方

●ワット・アルン タイの10バーツ硬貨にも描かれている、タイで最も有名な寺院です。 三島由紀夫の「暁の寺」で知られる寺院です。 ワットアルンといえば、高くそびえる5基の仏塔が・・・

水上マーケット:ワット・サイやダムナン・サドゥアクで異文化体験!

バンコクには、東洋のベネチアと呼ばれたかつての大阪(今はあとかたもありませんが・・・)のように、町中に運河が張り巡らされています。 バンコクに行ったら、運河めぐりを楽しんでみるのも一興です。 ・・・

バンコクの有名寺院:ワット・プラ・ケーオ

バンコク市内には、数多くの有名な仏教寺院があります。 主な寺院を紹介しましょう。 ●ワット・プラ・ケーオ 本堂にエメラルド色の仏像を祀っていることから「エメラルド寺院」の・・・