タイ観光旅行ガイドのTOPに戻る

スワンエブーム国際空港


タイ旅行する人の多くは、バンコクのスワンエブーム国際空港で入国することが多いでしょう。

プーケットやチェンマイへ向かう旅行者も、バンコクからというのが多いでしょう。


●入国手続き

スワンエブーム国際空港に到着したら、
最初に入国審査。
次に荷物の受け取り。
最後に税関を経て、到着ロビーへという一連の流れになります。



詳しく見ていくと、
入国審査ではパスポートと出入国カードを提出します。

荷物受け取りでは、
乗ってきた便が表示されたベルトコンベアで、
荷物が出てくるのを待ち、荷物を受け取ります。

もし荷物が出てこないような場合、
航空券に貼ってある荷物引換証を空港の係員に示し、その旨を伝えます。

そして税関では、
パスポートを示します。それから荷物の審査を受けます。

タイの免税範囲を超える酒類やタバコを持ち込んだ場合、
申告用紙の提出、所定の税金の支払いとなります。


同日中、バンコクから乗り継いで、国内線でプーケットやチェンマイに向かうのであれば、普通、バンコクでは入国手続きを行わず、最終目的地で入国手続きを行います。。

この点に関しては、航空会社によって手続きが異なる場合もあり、日本出発時に確認することが必要です。

関連コンテンツ

タイへのLCC(格安航空会社)

数年前、ドイツから日本に留学に来ている女学生と雑談していたら、日本の航空運賃が高いというはなしになりました。 「ドイツからスペインまで飛行機で数千円でいけるのに、日本の航空運賃はなぜこんなに高い・・・